とある若手俳優おたの日記

なにかいいことありますように

りさ子のガチ恋♡俳優沼を読んだよ

だいぶいまさらですが、読み終わったので、感想を書いておこうかな、と。

舞台も観劇し、DVDも買ったのですが、小説になったとのことで、遅くなりましたが、読んでみました。
このしょうもない壁打ちブログを読んでくださっている方は、きっとりさ子のあらすじは既にご存知だと思いますが、一応書いておきますね。

26歳、彼氏なし。OLりさ子の趣味は舞台観劇。
大好きなイケメン俳優しょーた君を追いかける日々。
彼が出演中の2.5次元舞台『政権☆伝説』に大ハマリ中。

最前席で全通。グッズもコンプ。そして高額プレゼント。
「がんばってる姿を観られるだけで幸せ」そう思いつつも。
彼のちょっとした「特別扱い」に心ときめいていた。

ある日。ネットでしょーた君に彼女疑惑が持ち上がる。
彼との匂わせを繰り返す女が気になり暴走するりさ子。
エスカレートする迷惑行為。その行きつく果ては……。

俳優とファン――「この関係で、私の気持ちは届くのかな?」
演劇業界の闇に切り込む、見て見ぬふりをしたかった愛憎劇。
引用元 りさ子のガチ恋♡俳優沼 オフィシャルサイト




ネタバレ含むため、感想は下の方に書きますが、とりあえず総括を先に。



《ガッツはみんな『りさ子』だ》



はい、説明しますね。


筆者の松澤くれは氏がインタビューでおっしゃっていましたが

元々僕は、一人の女の子を描こうとはしていなくて。「私はりさ子じゃない」って思う人と、「私はりさ子だ」って思う人って、比重の違いかな? って思ったんです。100%りさ子と同じ人がいるわけはない。でも、100%違うって言い切れないんじゃないかって。

いや、ほんとそれだよ!!!

若手俳優オタクの個体差って『りさ子かどうか』ではなく、 『何%りさ子なのか』という点なんです。

「私、りさ子要素とかカケラもないよぉ(≧∇≦)💦」みたいなガッツがいたら、ソイツはガッツではない。ただのイキった茶の間だ。
というか、マジもんのりさ子がリアルに何人もいたら普通に困るわっ。スーパーストーカー地獄になってしまうし、若手俳優達が心に傷を負いまくってしまう。あとストレスで円形脱毛症とかになってしまう。


私はガチ恋ではない(と思っている)ので、100%りさ子ではないと思われますが、50%くらいはりさ子要素をもっているかもしれないです。なんというか、濃縮還元的な感じかもしれない。一回煮詰めて、水で薄めた結果、50%りさ子。
当てはまるところ、当てははまらないところ、指折り数えいくと半分くらい該当しました。
誰か「これで貴女のガチ恋♡度がわかる⁈りさ子心理テスト!」みたいなの作ってくださいよ。


1.推しのことを盲信している節がある
2.推しに彼女とか信じられない
3.嘘ついたら容赦しない。嘘つくくらいなら黙っていてほしい
4.お手紙を書くのが大好き
5.インターネット依存症である
6.推しに認知されている
7.推しとのエピソードが片手で数えられないくらいある
8.推しがいれば生きていける
9.推し変したことがある
10.プレゼントを使ってもらえた時のしてやったり感は凄い
11.自分はガッツだと思う
12.出待ちをしている
13.都内に住んでいる
14.前列、特に最前が大好き。立ち位置にもこだわりたい
15.ファンの中で比べたら、ちょっと以上『特別』だと思ってる


みたいな!?
これ八割イエスだったらたぶんヤバめだと思います。ちなみに私は……、おっと、この話はやめておきましょう。
みなさんも指折り数えてみてください。
ちなみに15項目なので八割のボーダーラインは12項目とします。

さて、これ以上はマジでネタバレなので、下の方にスクロールしてください。あれ、スクロールであってる??




まだ読んでないよーっていう、若手俳優オタクの方は、ぜひ小説「りさ子のガチ恋♡俳優沼」をお手にとってみてください。
小説としても読みやすくて、サラッと読めちゃうと思います。
内容が五臓六腑にクルけどねっ!
童話でも妄想でもなく、ただのサスペンスです。





では、感想書きます!
ネタバレ踏んだっていうクレームは受け付けません。





まず震え上がったのは、認知どころか「オキニかも?!」と思ってたのに、推しから「はじめまして」って言われるシーンですね。
もうね、コレ、推しに言われたら命を断ちたいレベル。破壊力やばいです。
言われたら、降りるわ。その場でサヨナラですよ。
推し様、私のこと切りたくなったら、このマジックワード使ってください。


しかもですよ、マウントとってたはずの弱小&地方住み推し被りの目の前で、こんな究極の殺し文句(必殺的な意味で)を言われてしまっては、りさ子のプライドはズッタズタのボロボロになったことでしょう。
推し被りに聞かれてしまっているから、事実を握りつぶして、記憶を塗りかえて、なかったことにはできない。
本当に心中お察しします案件。
そりゃLINEブロック決めるわ。
たまちゃん、さりげなく逆にマウント決めてきてたしね。たまちゃん、絶対にりさ子のことネットに書き込んでるっ!
絶対こいつは性格よくないタイプのオタクだから、私は一生仲良くなれない。


あと、発想としてビックリしたのが、服と便箋を揃えて、推しから認知もらうところですかね。
いや、服っ!!
服かよ。服って。便箋とお揃いの服って。
私自身はわりと服にこだわりがないので、日によって全然系統違ったりするし、なんだったら推しとの接触にGパンで行っちゃったりもするスーパーダメオタクなんで、あんまり他人様のことに口出し出来ないですけど、いや、でもさ、同じ服って!!
でもよく考えると、一方的に知ってる人でいるわ。いつも同じ服着てる人。密かに[お金なくてお洋服買えないのでは…]とか超余計な心配してたけど、それはつまり服で認知されてるということですかね?!
でもさ、それって認知されてるの服だよね。人間の方じゃないよね。服が本体ってことだよね。
それでいいの?????

まぁ、本人がいいならそれでいいのか。
他人の幸せは私の定規では測れないからなー。
いや、でも、それは認知ではないと思うのすが、いかがなものでしょうか。
実際、りさ子は認知されてなかったし。

いやぁ、最前で全通して、手紙毎日書いてレターセットと同じ柄の服を着て、出待ちまでしてるのに、認知されてないって相当ヤバイですよね?!
しょーたくんトリ頭なのかな…。それともオタクに興味なさすぎるのか、はたまた、りさ子が没個性すぎるのか。
多分、後者だろうなぁ。私も人の顔と名前覚えられないから、めっちゃわかります。私は三回生まれ変わってもアイドルとか若手俳優とか、接触タレントになれる気がしないです。


しょーたくんに限ったことではないですが、接触イベントって、間違えたら即アウトの超真剣記憶力テストみたいなものですよね。そりゃ若手俳優達はみんな消耗するわな。可哀想に。
フラッシュ暗記みたいに、数秒十数秒話したら、次の女が現れて、色んなテンションで話してくる。
個性的な人もいれば、判で押したようなオタクもたくさんいて、覚えられてるつもりで話しかけてきたり、覚えられてないつもりで話しかけてきたり、やけに腰が低かったり、やけに馴れ馴れしかったりする。みんながみんな、形や熱量は違えど、愛をぶつけてくるんですよ。受け止めるのしんどいでしょうね。
その上、記憶力テストまでされる。
ループで認知確認しようとか、名前とか覚えさせようとかするの、やめて差し上げましょうよ。とりあえず自分はしないようにします。という、謎の決意表明。

後半については、そうですね、とりあえず、ストーキングは怖いのでやめましょうね。
るるちゃんの反撃についてはフィクションすぎるので流します!


しょーたくん顔覚え悪いし、迂闊だし、頭弱めだけど、でもいいヤツですよね。
ひとりの名もなきオタクに向き合ってくれるの、本当に誠実だと思う。りさ子のこと出禁にしなかったし。本当にいい人。
きっと暖かい家庭で健やかに育ったバカなんだろうなぁ。
伝ステとともに消えていったのはとても悲しいことですが、若手俳優なんて替えがいくらでもきく世界ですもんね。


それにしても、こんな誠実なヤツなら、なんでリプ返祭りの時にわざわざりさ子の質問に嘘で答えてしまったんでしょうか?
全員ご当選のお祭りじゃなかったんだし、スルーすればよかったのに。
りさ子の「どうして嘘ついたの?!」っていうの、本当に真理だと思います。

いや、ちょっと違うかも。
嘘つくのは構わないですけど、すぐにバレる嘘をつくのはいかがなものかと思うんです。俳優なら、演技で食っているというのであれば、バレない嘘を突き通してほしいし、自信ないなら黙っていればいい。秘すれば花という美しい日本語が世の中に存在する理由を考えてください。
考えられないレベルのオツムなら、事務所に管理してもらってください。ドル売りしてるなら、事務所にも責任があると思うんですよねー。
若手俳優が大人の皮を被ったお子ちゃまなら、大人が導いてあげてください。それか、商品管理ちゃんとしてください。
しょーたくんのマネージャーまじ使えないな!って思ったの私だけですかね??
それともマネージャーってこういうのもなのでしょうか。
事務所とマネージャー本人によるだろうな。過干渉系マネージャーも放置すぎるマネージャーも見たことありますし。



結局、誰も幸せになれなかった本作ですが、りさ子はその後どうなるのでしょうか?
りさ子は繋がりになれたとして、それで幸せなのでしょうかね。
そもそもりさ子って繋がりになりたかったんですかね?
ガチ恋だから、なりたかったのかな?
たぶん彼女は自分を嘘で塗り固めて、お金に苦労しながら、新しい推しとの関係に悩みつつ、現場に通うオタクを見下しながらも楽しそうな彼女を羨む日々を送るんだと思います。
それって幸せなんですかね。



ガッツの幸せってどこにあるんですかね?
どうしたら私達は幸せになれるんでしょうか?
それとも「愛はいつも私を裏切る」から、ガッツにハッピーエンドなんてないのでしょうか。
どなたか知っていたら教えてください。


長々とここまで、読んでくださってありがとうございました!

アナタがいなくても生きていける

推しとは、人生を豊かにしてくれるかもしれないけれど、人生において絶対に必要不可欠なものではない、と思ってます。

 

ついでにいうならば、正直『私の推し』であれば『彼』である必要はないんですよね。薄情かもしれませんが、しょせん赤の他人ですから。当たり前に友達ですらないです。よくて顔見知り程度?

だから私は推し変をしたし、たぶんこれからもすると思います。

 

そもそもですよ、推しが『ある特定の個人』でなければならないのなら、推し変なんて世の中に起こりえないと思っています。でも実際は違いますよね。『推し変』『他界』『降りる』といった単語が、いくつも存在するくらい、みんな推しを変えていて、今日もどこかで(主に現場で)誰かが推しに、心の中で別れを告げているはずです。

中には、生涯かけて一個人をガッツリ推し続ける方もいると思いますが、とーーーーっても少ないんじゃないですかね。ツチノコみたいな感じ。どうですかね?私の知人でも1人しかいないです。

 

推しがいる人生の楽しさを知ってしまったので、推しを降りても、しばらく時間が経つと新しい推しをつくってしまうけど、推しがいなくても生きていけないわけじゃないから、ブランクの期間が時々存在する。

しかもそのブランクの期間、死んだように生きているわけではなく、それなりに面白おかしく生きてるから、オタクって図太いなぁと思うんです。私だけですかね?

 

さて、何が言いたいかというと、twitterに浮上しない若手俳優に物申したいっ!

 

たしかにtwitterはこわい。燃えるし、燃えるし、燃えるし、燃えるから。

バカみたいなツイートで自爆するくらいならSNSなんてやってくれるな、と思うけれど、というかですよ、上手くやれや。大人だろ。

おおむね世の中の社会人はSNSでボヤ騒ぎなんておこしません。それこそヤッバイ情報握ってる人なんてごまんといるけれども、普通の社会人はちゃんと情報を守ってるし、SNSでやっちまうこともないですよね。普通は。普通じゃない自己顕示欲の塊サンはちょっと別案件なので放って置きましょう。若手俳優オタクのブログでは手に余る代物です。

 

ほんとうにね、若手俳優SNSの利用における注意講座をどっかで受けてほしい。てゆーか、事務所とか制作スタッフとかやってほしい。難しいことは言わない、やっちゃいけないことをいくつか守ってくれるだけでいいのになぁ。

おっと話がズレました。

 

ちゃんと上手く使えば、SNSは本当に強い味方になるんですよね。そもそもtwitterやってないと、お仕事のお声がかからないことだって、実際あります。マジで。

 

そして、何よりフォローしているのに私たちのTLに現れないと、存在を忘れる。

いや、本当に。

一日中ずっと推しのこと考えてるタイプの人なら違うんだろうけど、普段私には私の生活があって、仕事があって、今日の夕食の買い物もあって。

チケットの申し込みのこと考えてる時は推しのことを考えてるかもだけど、でも「はぁ♡推しぴに何回会おう?♡」じゃなくて「このキャパでこの回数、共演者と脚本と演出家から考えて、これくらい申し込めば…」みたいに考えてるから、ある意味、推しのことなんか全く考えてないのかもしれないです。

 

私が普段、推しのことを考えるのっていつなんだろうと思い返してみたら、推しのtwitterにリプしたり、ブログにコメントする時くらいなんですよ。

その時だけは、推しのこと考えてる。

どういう言い回しにするか、どの単語をチョイスしたら伝わるか、どの話題に触れるか、とか。

そんな真剣に考えなくてもって思われるかもしれませんが、伝えてもないのにオタクのアカウント特定する系のおそろしい推しなので、熟考しなければならないのです。

色々考えて「そういえば、あの時、あんなこと言ってたなー」なんて思い出したりもしながら、リプをしてtwitterを閉じたら、私はまた現実世界に戻ってきて、目の前にある為すべきことをする。日常に戻る。そして、頭の中から推しの存在が薄くなり、また推しがSNSを更新して、を繰り返しいるうちに、舞台の初日やイベントの日がやってくる。

 

 

 

そんなわけで、特に稽古中でオタクの前に姿を現さない期間に入った若手俳優は、頻繁にSNSを更新して、オタクが自分の存在を忘れないように努めるべきだと思うのですが、いかがでしょうか?

こういう時、浮気しがちだからな。特にガッツは暇な時間を持て余して、浮気してるイメージある。

 

そして、そんなSNS無精な推しをお持ちのオタクの皆さんは、飴と鞭を使い分けて、推しに更新をおねだりするとよいと思います。そして更新してくれたら、めっちゃ褒めて、リプとファボリツきめましょう。せっかく更新したのに、反応薄いとすぐにやめちゃうだろうし。

 

推しは、煽てて伸ばす!貶すと嫌われる!

これ、テストに出ます!!

ガッツに必要なのはお花畑力

推しがスーパーミラクルハイパー優しかったら別だと思うんですけど、ガッツって気力と体力と財力を振り絞るためには、頭ん中お花畑にして、脳内補完してないとしんどいなーって考えに至ったのですが、みなさんどうですか?

 

そもそも私信だって、宛先書いてないんだから、もらったって思うか思わないかって、自分次第じゃないですか?

 

それともみなさん推しに毎回きいてたりするんですかね。

「これって私への私信ですか?」って。

いや、聞かなくても分かるわ!っていうの、たまにありますけどね。年一くらい。

それこそ手渡しした差し入れの写真アップして「ありがとう」って書かれたら、その人への私信でしかないですし。

でも、普段は「これ、たぶん私に宛てたものな…はず!」とMAX8割くらいしか確信持てないものなのじゃないかなって思ってるんです。私のいい加減な体感では。

だって、本当は誰に宛てたメッセージなのか、推し本人にしか分からないものですもん。答えあわせのために推しが自主的に発表してくれたりはしないじゃないですか?

 

カテコのレスだって、ファンサだって、お花畑力ないよりあった方がいい。

そんなん結局「もらった!」って主張したもん勝ちなんですよね。

ほら、ファンサ泥棒とかあるじゃないですか。あれが典型的な例です。

誰へのアピールだったか、これまた真実は推しご本人にしか分からないし、たぶんあいつら秒で忘れてるだろうから、それこそ結局誰がもらったかなんて永遠に闇の中です。

 

そんな中、アホみたいに狂ったようにガッツするために必要なのは、鈍感力…ではなく『お花畑力』なのではないかと思うんです!

 

同担にお花畑展開するヤツは、もれなく他界すればいいと思うから置いておいて。

例えば若手俳優おたくあるあるで、ハッピーだった話って、他担の友達とかにするじゃないですか?だいたい普通に仲良かったら「うんうん、すごいね!」って否定せずに聞いてくれて、喜んでくれるじゃないですか?

でもでも、同担じゃなければその話の真偽なんてカケラもわからないと思うんですよ。万が一、話を盛られていたとしても、自分がその場にいなかったりとか、その場にいても自分の推しを見るので精一杯になってるから、「そうなんだ!それはよかったね!」としか返す以外の選択肢ってないと思うんです。

 

だから、友達に話した内容が、身内の中での『事実』になるわけですよ。

いや、たまにいるけどさ。「それはさすがに勘違いだろ!」みたいな茶の間の妄想乙みたいなやつ。それはまた話が変わってくるから、いったんスルーさせてください。

 

話を戻して、そうしたら、面白おかしく推しゴトの話をして「オキニかも♡」ってわいてるのが楽しくないですか?

私は楽しいです。

友達の楽しい話きくの好きだし。私の愉快な話をもきいてほしい。

 

接触の時の対応だって、みんなわりと記憶ねつ造してるの気づいてます?

舞い上がっちゃうからか、記憶を改竄してる人、よくいる気がします。

よくも悪くもなんで、盛ってる人もいれば塩ってる人もいますけど。

まぁ、でも、盛ってて幸せになれるなら、それはそれでありですよね。

推しさんが可愛そうなので、塩るのはやめてあげなよって思います。

 

まぁ、自分を俯瞰的に見ることなんて出来ないので、全てが主観になってしまうのは仕方ないですし、それが悪いことだなんて思わないですけど、どうせ誰かと擦り合わせをしない記憶なら、お花畑でいたほうがオタクは幸せだし、オタクが幸せな方が推しも幸せなことが多いと思うんで、世界平和のためにもガッツはお花畑を背負って活動していたらいいと思います。

 

 

一年中365日24時間頭に花を咲かせてオタクしてたい。

 

 

そろそろ友達とか推しに特定されそうでこわい。

でも現場なくて暇すぎるから更新しちゃうw

行けないけど頑張って

と、いうクソリプについて。

ちょっと思うところがあったので、書き残しておこうと思います。

 

リプでも口頭でも手紙でも、手段はなんでもいいんだけど、言いたくなる気持ちはわかる。

 

  前の舞台で積みすぎたからお金ない

  本確あるのに当たらなかった

  仕事が休めない

  他の予定と被ってる

  体調悪い

  干されたから干しかえしたい

  そんな僻地に行きたくない 

  てゆーか行きたくない

色々理由はある。こっちも本気で追っかけしてるんだから「忘れてた」なんてことはない。私が現場にいない時、それは必ず理由があるのだ。

行きたくない時はまぁ置いておいて、行けない時、推しに言いたくなる。なんで行けないのか、を。理由つきて切々と語りたくなる。言い訳がましいのは分かっているけど、時々どうしようもない時があるんだ。

行きたかった気持ちと、行けない悔しさが交錯し、ついでに、私がいないことに気づきもしなかったと言われたくなくて、『行けないけど頑張ってください』と伝えたくなる。

伝えたくなるんだ。なるけど、ちょっと待って。

 

それがスーパー人気舞台とかで、sold out、時価ウン万円、みたいな状況だったら、推しもなんとも思うまい。

でも、それが埋まるか埋まらないか微妙なイベントだったら?ガラガラ空席祭り舞台だったら?

もし、そうだとしたら、私はクソリプをすることで、確実に推しの好感度を下げるだろう。その対価として得るものは、特にないのに。

それってバカらしくないですか?

だからグッと思いとどまって、黙ってる。黙ってるに限る。

ガラガラな現場は推しのメンタルを削る。その上に「行けません」なんてエルボーをくらわせて、不興をかわないわけがない。

行けない理由なんて、いかなかったことを指摘された時に言えばいいんだ。

推しだって、私のこと暇人だとは思ってるだろうけど、さすがに365日いつでも稼働できるなんて考えてるわけないはずだ。『今日は来れなかったんだなー』くらいに思ってくれるだろう。

「何で来なかったの?」と恨みがましく言われた時に、隠し持っていたもっともらしい理由を出せばいいんだと思う。

 

わざわざ自分から爆弾持って突っ込んでいく必要はない。

認知って必要なの?

若手俳優ヲタだけではないですが、三次元の追っかけに必ずつきまとう認知問題。

そのヲタクの顔を覚えているかどうかなんて、そんなん本人しか分からないし、ぶっちゃけ本人に凸ったところで「いえ、あなたのことは覚えていません」なんて言うわけがない。結果として、ファンは推しの反応を探ることになる。

 

『コイツ、私のことを人面として認識しているのか?

それともへのへのもへじくらいにしか見えてないのか?』

 

あの時ああ言ってくれたから覚えているはずだ。

こんだけ連続して最前に入ったんだからさすがに覚えただろう。

久しぶりって言ってくれたから認知してるに違いない。

 

いや、でも、じゃああの時はなんで干したんだろうか。

こんなに良席なのにシカトされた。

あの日の接触は対応が無だった。

 

絶対的な確証を得るまでは、不安と自信をいったりきたりして、まるで情緒不安定な人だ。

あと、ヲタクじゃない友達やお茶の間の友達に話すと「こいつお花畑なんじゃないか」という扱いを受ける。心外だ。いくら使ったと思ってるんだ。

認知されているという推し被りの話を聞いては「死ねっ」って思う、そんな不毛な日々を過ごす。他人と比べてもしかたないっていう理性と、ヲタク同士で格付けしたくなる女の本能で、頭がおかしくなりそうだ。

 

でも待って、そんなに焦がれている認知って本当に必要?

 

気持ちはわかる。認知されているほうが、美味しいことだってある。一瞬だけの接触現場とかはそれが顕著じゃないかな。認知がないと「ありがとうございます〜」っていう貼り付けられた定型の笑顔とコメントで終わる。もっと特別な対応を引き出せたらきっと楽しいと思う。

 

でもさ、いったん冷静になって、よく考えてほしい。

1対1の時はいいけど、1対たくさんのファン達になった時に、めちゃくちゃ不利じゃない?

後回しにされた結果、順番なんて回ってこなくて、干されて終わるとか、よくあるよね?ない?嘘でしょ?

あと、顔バレすると無茶ができなくなる。それはそれでツマラナイ。いや、それは私だけかもしれないけど。なんというか、ガツガツしすぎることが出来なくなっちゃうんだよね。

 

そしてこれが最大のポイントなんですけど、覚えられたらなかなか忘れてもらえない。

一年現場を干したくらいじゃ忘れない。多分、名前は忘れてるだろうけど。一度覚えた顔ってなかなか忘れないものらしい。

何度「はじめまして」からやり直したいと思っただろうか。どっかで頭打って、私の記憶だけ全部ぶっ飛ばしてくれないかなぁ、なんて考えたこともあります。

 

そもそも覚えられた後に待ってるのなんて『オキラにならない』っていうスーパー後ろ向きな目標くらいだ。

干される度に「私、オキラなのかな……」って病む。楽しくない。趣味なのに、めちゃくちゃ病む。

認知されてるヲタクと比べて、私はどれくらい大事にされてるんだろう、とか意味不明なことを考えては、眠れない夜を過ごすんだ。そして翌日、寝坊する。

 

まぁ、何が言いたいかっていうと、覚えられてるかどうか微妙っていうくらいの時期が一番楽しいよね!!

 

ぶろぐはじめてみました

最近ヲタ活どころか人生まで迷子になってきたので、ブログはじめてみました。気分は彷徨える旅人です。いい歳してイタイのは自覚してます。

文章にすることで整理されてスッキリしたりしないかなぁ……。

 

時効のないネタ話を、どこまでお届けしたら各方面に怒られちゃうか、ちょっぴり心配ですけど、暇つぶしに読んでもらえたら嬉しいです。